MENU

口臭外来と胃腸について

「口臭」というのは、口のニオイや吐く息のニオイのことをいいます。「口臭」というのは時に他人を不快にすることがあります。自分では気付かないうちに、あなたも回りの人を不快な気持ちにさせているかもしれません。

 

「口臭の原因」ときくと、まず最初に思い浮かぶのはやはり「口の中」ですよね。歯磨きをしなかったり、ニオイのきつい食材を食べたりしたあとは確かに「口臭」がきつくなります。しかし、口臭の原因は様々です。実は口臭の原因が「胃腸」にあることもあるのです。ここでは、「口臭と胃腸」の関係についてお話ししたいと思います。

 

「胃熱タイプ」は口臭がきつくなる?

 

たとえば、

 

  • 過食気味である
  • アルコールをたくさん飲む
  • 食べてもすぐにお腹が減る
  • 喉が渇く
  • 口の中が粘つく
  • 口内炎ができやすい
  • 歯茎から出血したり歯肉炎がある
  • 胸焼けや胃もたれをしやすい

 

など、あなたはいくつ当てはまりますか?

 

当てはまる項目が多ければ多いほど、「胃熱タイプ」だと言えます。あまり聞き慣れない言葉ですが、胃熱というのは文字通り「胃に余分な熱がたまっている」状態をいいます。辛いものや刺激物が好きな人に多いです。

 

この「胃熱」の状態は、口臭が発生しやすいと言われています。この場合の口臭を改善するには、胃を冷ます食べ物であるトマトや大根などを食べると良いでしょう。

 

口臭改善は「原因」を知ることから

 

自分の口臭が「胃腸」にあるのか、それとも別のところにあるのかは詳しく検査をしなければ分かりません。間違ったケアをしても、口臭が改善されることはありません。

 

原因を知るためには、口臭外来へ行くのが1番ですよ。おすすめは「バイオクリニック」という専門クリニックです。プライバシーに配慮したクリニックなので、他人と顔を合わせることはありません。その上初回のカウンセリングと検査が無料で行えます。口臭外来での費用は高額になりますから、初回無料はかなり助かりますよね。

 

口臭の原因を知るためにも、まずは「バイオクリニック」の無料カウンセリングの予約をしてみましょう。